兵庫で会社設立、建設業許可、収集運搬、宅建業許可、相続手続

神戸エリア・兵庫県内の建設業許可!
●建設業許可の更新、追加、変更
●入札~経審まで完全サポート!
まず、申請できるか、間に合うかを確認!土日夜間無料相談受付中

HOME > 建設業許可よくあるご質問 > 建設業許可よくあるご質問

建設業許可よくあるご質問

all_20001.jpg 建設業の新規・更新許可申請に関して、よくあるご質問をまとめてみました。ご参照くださいませ。

Q1.建設業許可には、経営業務の管理責任者と専任技術者と2名必要だと聞いたのですが?

A1.経営業務の管理責任者と専任技術者は兼務すことができます。必ずしも2名必要になるということではありません。

 

Q2.知人・友人やご紹介のお客様を対象に一戸建の新築請負を業としています。500万円を超える場合には、建設業許可は必要でしょうか?

A2.一戸建の新築請負は建設業許可で言うところの「建築一式工事」に該当します。建築一式工事において建設業許可が必要なケースは、①1件の請負代金が消費税込1500万円以上、②請負代金にかかわらず、延べ面積が150㎡以上の工事、のいずれかに該当する場合です。500万円を超えていても、これらに該当しなければ建設業許可は必要ありません。

 

Q3.経営業務の管理責任者や専任技術者が携わっていた工事の経験を証明する為に、具体的にどのような書類が必要になるのでしょうか?

A3.これらの書類の収集が建設業許可を受ける上で最も困難な作業と言われています。具体的には、工事の見積書、発注書、受注書、請負契約書等によって証明をしていきますが、工事代金が入金された通帳の写しなども要求されるケースがあります。

どの程度集めることができれば、無事に許可が得られるか、ということについては、許可実績多数のアドヴァンス法務事務所にご相談下さい。

 

  • 無料相続相談 実施中
  • 事務所紹介
  • 代表者プロフィール
  • アクセス

Contents Menu

事務所所在地

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図