兵庫で会社設立、建設業許可、収集運搬、宅建業許可、相続手続

神戸エリア・兵庫県内の在留資格!
在留資格・国際結婚・帰化申請
など各種ビザ申請をフルサポート!土日夜間無料相談受付中

HOME > 就労ビザ

就労ビザが重要な理由とは?

日本国における「就労ビザ」といわれているものは全部で16種類あります。

外国人が日本国に入国して働くためには、原則として、その16種類のうち「自身が就業する仕事に対応した就労ビザ」を有していなければなりません。

仮に「自身が就業する仕事に対応した就労ビザ」を有していない外国人が働いていたことが発覚した場合、外国人及びその外国人を雇用していた企業には以下のような問題が発生します。

①その外国人は不法就労していたことになり、退去強制させられる可能性があります。

また、

②その外
国人を雇用していた企業は刑罰を科される可能性があるばかりではなく、場合によっては社会的な信用が失墜し、コンプライアンスの重要性が叫ばれている現在においては、最悪の場合、会社の存続自体にも大きな影響を与える恐れがあります。

このように働く外国人が「自身が就業する仕事に対応した就労ビザ」を有していることはその外国人本人にとっても雇用する企業にとっても非常に重要なことなのです。

したがって、「面倒だから」「短期間だし」「バレないだろう」といって、つい魔がさして就労ビザ取得を怠ることのないようにして下さい。


※就労ビザに関するお問合せはコチラから。(まずはお電話かメール下さい。)

就労ビザ

「就労ビザ」はその種類によってそれぞれ取得のための要件は異なっており一概にはいえません。

ただ、入管は下記の3つのポイントを中心に総合的に審査しているようです。

【就労ビザ:3つの審査のポイント】

1.仕事の内容
2.働く外国人
3.雇用する会社

例えば、働く外国人が「就労ビザ」を取得するための要件を満たしていたとしても、その外国人を雇用する会社に問題があるような場合(例えば、会社の安定性・継続性が認められないような場合等)には、「就労ビザ」を取得することは出来ません。

  また、個人や会社で申請する場合、本来許可を得られるはずのケースで不許可になっているケースが多く見られます。

これは、許可のために必要な事項を自分で考えて立証しないといけないのに、入管に言われた基本的な資料のみを提出していることが多いことから起こっています。
実際不許可になったケースの相談でクライアントの話を聞くと、重要なポイントを軽く流し、あまり重要でないことに非常にこだわっているケースが非常に多いです。

就労ビザ(投資経営ビザも)は不許可になってしまうと事業計画が大幅に狂ってしまいますので、事前にビザの専門家に相談する等して、不許可のリスクを少なくすることが重要です。

初回の無料相談はこちらから
事務所紹介  代表者プロフィール  アクセス  トップページへ戻る

  • 無料相続相談 実施中
  • 事務所紹介
  • 代表者プロフィール
  • アクセス

Contents Menu

事務所所在地

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図