兵庫で会社設立、建設業許可、収集運搬、宅建業許可、相続手続

ここにバナーが入ります。

HOME > 相続人の調査 > 法定相続人と法定相続分

法定相続人と法定相続分

all_2.jpg ここでは法定相続人と法定相続分についてご説明させていただきます。

 

だれが相続人になれるのか?(相続人の範囲)

 

「相続人になりたい」と思っても、誰でもなれるというものではありません。

 

相続人の範囲は、民法で定められております。(これを「法定相続人」といいます。)

遺言などにより、特別に指定されている場合を除いては、原則的に、民法の規定が適用されます。

 

法定相続人の範囲は、下記の通りとなります。

 

1.配偶者(妻からみた夫、夫からみた妻)

配偶者は、常に相続人となります。尚、法律上の婚姻関係でない内縁関係にある者や愛人には相続権はありません。

 

2.子供(実子=嫡出子)、養子、内縁の妻や愛人の子供(非嫡出子)、孫、ひ孫

~これらを「直系卑属(ひぞく)」といいます。子供(嫡出子・非嫡出子)が何人いても、全て法定相続人とみなされます。

万一、相続発生時において、子供が既に死亡している場合や、相続欠格や廃除となっている場合には、孫が相続人となります。(これを「代襲相続」といいます。)

また、孫にも代襲原因(死亡・相続欠格・廃除)が発生している場合には、ひ孫が相続人(再代襲相続)となることができます。

 

3.父と母(両方が亡くなっている場合は祖父母)

~これらを「直系尊属(そんぞく)」といいます。被相続人に子供がいない場合、父母(父母が既に死亡している場合には祖父母)が相続人となります。

 また、直系尊属には、前項の代襲相続権はありません。

 

4.兄弟姉妹(その代襲相続人を含む)

~兄弟姉妹は、直系卑属(子供など)及び直系尊属(父母など)がいない場合にはじめて相続人となります。

 

以上の4種類が法定相続人の範囲となりますが、法定相続には法律により優先順位が定められておりますので次の項目でご説明します。

 

相続人の優先順位について

 

●配偶者    → 配偶者は常に相続権があります。

●直系卑属 → 第1順位の相続人です。配偶者と同じく、常に相続権があります。

●直系尊属 → 第2順位の相続人です。第1順位の相続人がいない場合に相続権があり

        ます。

●兄弟姉妹 → 第3順位の相続人です。第1、第2順位の相続人がいない場合に相続権

                      があります。

 

例えば、被相続人(亡くなった人)に子供がいれば、父母(祖父母)および兄弟姉妹は相続人になることはできません。

また、被相続人に子供がいない場合で父母が存命の場合には父母が相続人となり兄弟姉妹は相続人となることはできません。

 

法定相続分について

法定相続分とは、相続財産の分配に関する基本的な割合のことで、民法によると次のように規定されております。

houteisouzokubun2.png

※子供のうち、非嫡出子(内縁の妻の子など)の法定相続分は、嫡出子の2分の1となります。

 

●次の項目:「相続財産の調査」 ←クリックしてください

  • 無料相続相談 実施中
  • 事務所紹介
  • 代表者プロフィール
  • アクセス

Contents Menu

事務所所在地

クリックすると拡大されます 事務所所在地の地図